スポンサーリンク
スポンサーリンク

トルココーヒーの簡単な入れ方【現地人が教える基本のキ】

トルココーヒー基本の入れ方

酸味が少なくまろやかでほんのり甘いトルココーヒー。実は、日本で飲まれているドリップコーヒーとは全くことなった方法で作られるんです。

まずは、トルコの友人から教わった「トルココーヒー入れ方の基本」を紹介します^^

必要な道具・材料

必要な材料・道具(1杯分)

・トルココーヒー粉(深煎り):大さじ2/3程度
・砂糖:小さじ1~2
・水:100cc
・ジェズベ(鍋)
・フィンジャン(カップ)

トルココーヒーの入れ方レシピ(1人分)

1.トルココーヒーの粉を大さじ2/3杯、砂糖を小さじ1~2杯(特に甘党でない人は1杯で十分)、室温の水100mlをジェズベに入れてよくかき混ぜる。

2.ジェズベをコンロに移し、弱火にかける(できるだけ弱火)。

3.ジェズベの表面に泡が出来始めたら、泡をスプーンですくってカップに入れる。

4.さらにジェズベを弱火にかけつづけ、もう一度泡が出てきたらそれも同様にカップに入れる。

5.さらに弱火にかけた後、カップにゆっくりとコーヒーを注ぎいれる(ゆっくりでないと、カップに移しておいた泡がつぶれてしまいます)。

6.完成。ロクムと水を添えてお楽しみください。我が家はフィンジャンがないので、小さめのマグカップで代用しています。

※コンロにかけてからはかき混ぜる必要なし。

※常に弱火にし、最初から最後までぶくぶくと沸騰させてはいけない。「ふつふつ」を維持すること。

※じっくり10~15分ほど熱すると美味しいトルココーヒーになります。

「フィンジャン」とは、デミタスカップくらいの小さめカップ。トルココーヒーはマグカップで飲みません。お家にある一番小さなカップで代用しましょう。

ジェズベは、ミルクパンよりもっともっと小さいです。写真は我が家で使っている1人用サイズです。

ジェズベは日本で使う小鍋やミルクパンよりももっと小さなもの。小鍋でも代用することは可能ですが、あまり大きい鍋だと泡ができにくくなるので注意です。

トルコで人気のコーヒーブランドは「メフメットエフェンディ」のもの!下のやつです↓

トルココーヒーを「正しく」飲もう

さて、おいしいトルココーヒーが入れ終わったら、少量のお水ロクムを用意しましょう。ロクムがない場合はなんでも良いので甘いものを用意。

飲むのは上澄みだけで、ぐぐっと飲みすぎると粉が口の中に入ってきてちょっと気持ち悪いです。

優しく少しずつすするように飲むのがトルココーヒーの正しい飲み方なのです。

ちょっと口の中が濃くなってきたら、お水でお口直し。

トルココーヒーには甘いものが良く合います。粉砂糖たっぷりの上質な砂糖の甘さが引き立つむっちりしたおいしいロクムを一つ口に放り込みましょう。

トルココーヒー+ロクムのコンビネーションに慣れてしまうと、トルココーヒーだけでは何か物足りなくなってしまうものです。ロクムはアマゾンや楽天でも売られているので、是非試してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。