スポンサーリンク
スポンサーリンク

【レシピ】トルコのチョバンサラタスは思わず目を閉じる美味しさ【サラダ】

この記事の概要

トルコのサラダ料理代表格「チョバンサラタス(羊飼いのサラダ)」のレシピを公開。

メテ吉
メテ吉
思わず目を閉じて味わってしまうほどおいしいサラダなんだにゃ。

トルコのサラダ「チョバンサラタス(羊飼いのサラダ)」

 

View this post on Instagram

 

A post shared by @from_anils_kitchen on

トルコのサラダ料理、チョバンサラタス(羊飼いのサラダ)はおそらく、私が今までで一番リピートしたトルコ料理のレシピだと思います。

それくらい、おいしい。本当においしいのです。それは思わず目を閉じてしまうほどに・・・

さてそれではさっそく、トルコのおいしいサラダ「チョバンサラタス」のレシピをご紹介いたします。レシピと言っても、切って和えるだけなのですが。

 

トルコのサラダ「チョバンサラタス」のレシピ

今回は3種類の味付けでご紹介します。お好みのものを試してみてください。イタリアンパセリがなくては「チョバンサラタス」にならないので、必ず入れてくださいね。

必要な材料(2~4人分)

トマト 1玉

きゅうり 1本

玉ねぎ 小1/2玉

パプリカ 1個

イタリアンパセリ 一掴み

==味付け1(一般的)==

レモン汁 1/8~1/4分

オリーブオイル 適量

 少々

==味付け2(私がよく作る)==

レモン汁 1/8~1/4分

 適量

==味付け3==

ザクロソース(Nar sosu:ナルソス) 適量

オリーブオイル 適量

==作り方==

1.トマト、きゅうり、玉ねぎ、パプリカを親指の爪くらいの大きさに切る(みじん切りよりやや大きめ)。

2.イタリアンパセリは葉の部分のみをちぎっておく(茎の部分は使いません)。

3.刻んだ野菜とイタリアンパセリをボウルに入れて混ぜ合わせ、味付け(1or2or3)の材料も入れてよくあえる(しっかりあえましょう)。

4.完成!

======

サラダなので、作り方はこんなもんです。

イタリアンパセリは、チョバンサラタスの肝となる部分ですので忘れずに入れてくださいね。ちなみに上の画像がイタリアンパセリ。

「味付け3」でザクロソースというものを紹介しましたが、これはザクロを凝縮させてとろとろのソース状にしたものです。フルーティーな香りとほのかに甘い味がとってもおいしいんです。

普通のスーパーではあまり見かけませんが、ネットではこんなトルコのザクロソース(ナルソス)が見つかりました。

最後に。チョバンサラタスを目を閉じて食べたくなる訳

最後に、どうして私が「チョバンサラタス」を目を閉じて味わいたくなるか。

それは、ずばり香り高い「イタリアンパセリ」のためなのです。フレッシュな野菜と一緒に、このイタリアンパセリを噛むと、なんとも言えない爽やかな香りが鼻から抜けていくのです。

このイタリアンパセリの爽やかな香りを存分に味わいたいがために私は、チョバンサラタスを食べるときは「目を閉じてしまう」のですね。

それくらいチョバンサラタスはおいしいです。

ところが、これが乾燥イタリアンパセリになるとぜんぜんダメ。香りがぜんぜん足りない。やっぱりチョバンサラタスを作るのなら、生のイタリアンパセリでないと。

ちなみに、私たち日本人は「イタリアンパセリ」と呼んでいますが、トルコ語では「maydanoz(マイダノズ)」と言う名前があります。トルコ人の食卓には欠かせないハーブですね。

イタリアンパセリ(トルコ語でマイダノズ)は、もちろんチョバンサラタス以外にもトマトソース煮込みの上に散らしたり、ピザの上の乗せてみたりと色々なアレンジが効きます。

最後までお読みいただきありがとうございました。