スポンサーリンク
スポンサーリンク

【レート】トルコでセディナカードを使うといくらお得?【検証】

メテ吉
メテ吉

この記事では、トルコリラとマスターカードのレートを例にセディナカードがどのくらいお得かということを検証した結果をご紹介いたします。

この記事の流れ

1.セディナカードで外貨を引き出す「手数料」とは
2.セディナカードで使われる「マスターカードレート」を検証。

こちらの記事もどうぞ↓

【100万】トルコリラ両替一番お得な方法とは?【両替したよ】

 

セディナカードで外貨両替をした時の手数料

セディナカードは、知る人ぞ知る、海外旅行の外貨両替に必須のカードですよね。

セディナカードでの両替の仕方とは、簡単に言うと「海外のATMでセディナカードを使って外貨をキャッシング」→「ネットで後日返済」ということ。

セディナカードのお得な点は2つあります。

 

一つは、銀行や両替所に比べて「レートがすごくお得」なこと。

 

もう一つは、他のキャッシングカードと違い、お金の準備ができればすぐさまネット上で返済することができるので、利息を最小限に抑えることができます。

 

そんなお得なセディナカードについて、今回は「トルコリラをセディナカードを使ってトルコのATMで引き出すといくらお得なのか」という点についてご紹介します。

特に、「レートが実際どれくらいお得なのか」という点を掘り下げてご紹介します。

※今回は、多くの人が使っているであろう「マスターカード」のレートを取り上げます。

 

セディナカードのレート設定がめっちゃお得な件

今回ちゃんと確認してみてわかったのですが、セディナカードを使った際の両替レート設定はやっぱりすごくお得でした!

ここでは具体的なレートの数字と、利息の価格例を提示して、セディナカードを使った際にかかる「全ての手数料」を明示したいと思います。

 

マスターカードのレートってどんなくらい上乗せされてるの?

セディナカードの請求額には、マスターカード、VISA、JCBの内、自分がカードを作る際に選んだカードブランド独自のレートが適用されることになります。

つまり、マスターカードのセディナカードを作った場合は、マスターカード独自のレートが使われます。

銀行や両替所で両替した場合は、そこにある掲示板に提示されているレートが適用されます。

レート設定
両替所両替所が決めたレート
銀行銀行が決めたレート
セディナカードマスターカード/VISA/JCBのレート

私は、「マスターカードブランド」を選んだのですが、それというのも、マスターカード独自レートはVISAやJCBの独自レートよりも若干お得なことが多いという記事をネットで読んだからです。

 

ここで、気になるのが・・・

じゃあ、マスターカードのレート設定ってどれくらいなの?

ってことですよね。

 

そこで、2018年7月30日の「トルコリラの実際のレート」と「マスターカード独自のトルコリラレート」を比較検証してみました。

それが以下の画像になります。ちなみにマスターカード独自のレートというのはマスターカードのサイトで調べることができます。

つまり、表にするとこんな感じ。

2018/7/30 トルコリラレート
実際のトルコリラレート22.892~22.615円(=1リラ)
マスターカードレート22.91円(=1リラ)
レートの差1リラあたり0.022円~0.295円

2018年7月30日のトルコリラの実際のレートは、一日の間で22.892~22.615円/リラの間で推移していました。

それに比べて2018年7月30日のマスターカード独自のトルコリラのレートは22.91円/リラ。

つまり、この日に1000リラ(約22892円)をATMからセディナカードを使って引き出したとすると、マスターカードのレートに換算され、請求される額は22910円+利息分になります。

レートだけに注目すると、23000円ほど引き出したにも関わらず、その差はなんと22910-22892円の18円ぽっちりの手数料です!

 

セディナ会社に支払う「利息」はいくらくらい?

マスターカードのレートがかなりお得だとわかると、あと気になるのは「利息」。

セディナカードを使ってキャッシングした場合は、年利18%になります。18%ってかなり高いみたいですが、それを365日に割って計算すると一日約0.05%の利息になります。

また、セディナカードでは3~4日空ければ繰り上げ返済することができるので、実際の利息は借りた3~4日分の利息、つまりATMでキャッシングした額の0.15~0.2%になります。

先ほどの2018年7/30のレートの例で考えてみましょう。

マスターカードのレートの上乗せ額は22892円引き出しても18円でしたよね。

そこに3日分の利子である22892円×0.15%=約34円を足した額が、今回ATMで22892円をトルコリラとして引き出した際の手数料の全てになります。

つまり22892円引き出してもたったの52円(18円+34円)の手数料を支払えばよいだけなのです。

めちゃくちゃお得なんです。

今まで、イギリスの街中両替所で両替したポンドやイタリアの空港にある銀行で両替したユーロなど、知っていたらもっとお得に両替できたのに・・・はぁ。

 

絶対絶対セディナカードは持ってて損なし!

ここまでセディナカードがいかにお得かということを力説してきました。

私のおすすめとしては、とりあえず持ってない人は今すぐにセディナカードを申し込むこと。

次の海外旅行に間に合うように早めに申し込みしておくのが安心です(公式サイトによると発行まで2週間ほどかかるそうです)。

詳しい申し込み方法やカードの種類などは、公式サイトで確認することができます。

作るのに一切費用は不要ですし、年会費も無料なので持っててとりあえず損することはありません。

もちろんトルコのみならず、世界各国のATMでドルやユーロ、バーツなどを引き出せるので、今セディナカードを作っておけば、今後海外旅行の頼もしいお供になること間違いなし。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。